ドッグセラピーの医療行為について!

ドッグセラピーには、医療行為である「動物介在療法(AAT)」と、 レクリエーション要素の強い「動物介在活動(AAA)」があります。

AATは、セラピードッグが参加する治療プログラムで、医者や看護士などの医療関係者と、 セラピスト、ソーシャルワーカーなど福祉の専門家が協力しあって、 綿密なプログラムを開発します。AAAとは異なり、治療の目的が明確でゴールも存在します。

セラピーの過程は記録され、変化や進捗状況が数値的に測定され、実効力が評価されます。

日本では始まったばかり!

アメリカ等の医療・福祉機関では、長年にわたって高い評価や実績がありますが、 日本での取り組みはまだ始まったばかりで、社会的にも認知度はあまり高くありません。

ただし、セラピードッグが対象者に及ぼす医療的な効果についての検証は、 様々な研究分野から行なわれています。

また、医療プログラムや介護ケアプランとしてドッグセラピーを 導入する医療機関は増加傾向にあります。

医療現場で活用!

実際、ドッグセラピーは、長期間の入院患者、また心身症などの心の病など、 さまざまな医療現場で活用されています。

心のケアだけでなく、高血圧値・コレステロール値・中性脂肪値の低下など、 実際の肉体面での効果も認められています。

高齢者対策としても期待!

ドッグセラピーは、今後増加が見込まれている在宅介護を含め、 高齢者対策としても期待されています。

セラピーの効果で高齢者の心身の健康が促進されれば、 医療費の軽減や施設不足の解消などを含み、 医療関連でさまざまな&大きなメリットが見込まれます。