カラーヒーリングとは

近年さまざまなメディアでも多く取上げられる「癒し」。

ゆる系のキャラだったり、癒し系といわれるタレントさんだったり、 またはグッズだったりとその形は多彩です。

そして、そうしたものと並んでクローズアップされているのが、 色の効果を利用した「カラーヒーリング」と呼ばれる精神面からの癒しです。

生活のあらゆる部分に数え切れないほどある色にも、実は癒しの効果があるのです。

癒しの効果

色に癒し効果があると聞いてもいまひとつピンとこない…という方もいるかもしれません。

たとえばヘトヘトに疲れて家にたどり着いた時、 家族が待っている部屋の暖かそうな明かりに心が安らいだことはありませんか? あるいは心が疲れていると感じると、理由もなく海に行って波打ち際で ただボーッと海を眺めていたくなることはないでしょうか。

そうしたものは、明かりのオレンジ、海の青による色の癒し効果、つまりカラーヒーリングなのです。

色が与える精神的効果

見て落ち着く色、好きな色というのは基本的に大きく変わることはありませんが、 その時々の精神状態によって色が与える精神的効果は異なることがあります。

どんな色に対して心地良さを感じるのかを簡単な診断で探り、 その意味を知ることで自分に良い作用を及ぼす色を意識的に使うこと、それがカラーヒーリングの意義です。

太陽の光が持つ力

カラーヒーリングの由来は「太陽の光」です。

太陽の光は虹の七色に分かれることは多くの方がご存知かと思いますが、 この太陽の七色は自然の恵みともいえるくらい心や身体を元気にしてくれるものとして、 古くから医療とも密接なつながりがあったのです。

部屋の中にも電気の明かりによる光はあります。

しかし人工的な明かりは三色くらいしかなく、太陽の七色と比べると偏りが生じてしまいます。

それに加えて身近にある色が自分に合わない色であったりすると、 心や身体に負担がかかってしまうことさえあるのです。

そうしたことを防ぐには、カラーヒーリングで色のバランスをとることが有効なのです。